TOP > 詳細情報
印刷する

水戸八景

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 水戸八景
読み:みとはっけい
作者 徳川齊昭/景山(とくがわなりあき/けいざん)1800 〜 1860
特徴 七言律詩
時代 江戸末期
漢詩 雪時嘗賞仙湖景
雨夜更遊青柳頭
山寺晩鐘響幽壑
太田落雁渡芳洲
花光爛漫岩船夕
月色玲瓏廣浦秋
遙望村松青嵐後
水門歸帆映高樓
読み 雪時嘗て賞す 仙湖の景
(せつじかつてしょうす せんこのけい)

雨夜更に遊ぶ 青柳の頭
(うやさらにあそぶ あおやぎのほとり)

山寺の晩鐘 幽壑に響き
(さんじのばんしょう ゆうがくにひびき)

太田の落雁 芳洲を渡る
(おおたのらくがん ほうしゅうをわたる)

花光爛漫たり 岩船の夕べ
(かこうらんまんたり いわふねのゆうべ)

月色玲瓏たり 廣浦の秋
(げっしょくれいろうたり ひろうらのあき)

遙かに望む村松 青嵐の後
(はるかにのぞむむらまつ せいらんのあと)

水門の歸帆 高樓に映ず
(みなとのきはん こうろうにえいず)
意味(通釈)  千波湖の雪景色を鑑賞したり、更に青柳のほとりを雨の夜遊んだこともある。
 山寺の晩鐘は奥深い谷合に響きわたり、太田辺りに飛んでくる雁は花の香り良い中州を渡る。
 岩船にあたる爛漫と咲き香り多き花たちは夕陽に映え、広浦の秋の月も麗しく光輝いている。
 遥か遠く見える村松の青々とした山や、水門に帰る舟も高殿に美しく映っている。
メモ