TOP > 詳細情報
印刷する

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 凱旋
読み:がいせん
作者 乃木希典(のぎまれすけ)1849 〜 1912
特徴 七言絶句
時代 明治
漢詩 王師百萬征強虜
野戰攻城屍作山
愧我何顏看父老
凱歌今日幾人還
読み 王師百萬 強虜を征す
(おうしひゃくまん きょうりょをせいす)

野戰攻城 屍山を作す
(やせんこうじょう しかばねやまをなす)

愧ず我何の顏あって 父老に看えん
(はずわれなんのかんばせあって ふろうにまみえん)

凱歌今日 幾人か還る
(がいかこんにち いくにんかかえる)
意味(通釈) 強虜ロシアを討つために皇軍百万の兵を満州に出征した。野戦では要塞へ攻めもむなしく屍骸が山となった。辛うじて勝利し凱旋することができたが、戦死した兵士の父老に対しどんな顔で会うことができるだろうか。勝ち戦の歌を歌い今日故郷に帰るのは、何人いるのだろうか。
メモ