TOP > 詳細情報
印刷する

中秋望月(中秋月を望む)

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 中秋望月(中秋月を望む)
読み:ちゅうしゅうつきをのぞむ
作者 王建(おうけん)? 〜 830
特徴 七言絶句
時代 中 唐
漢詩 中庭地白樹栖鴉
零露無聲濕桂花
今夜月明人盡望
不知秋思在誰家
読み 中庭地白くして樹鴉を栖ましむ
(ちゅうてい ちしろくして じゅ からすをすましむ)

零露聲無く桂花を濕す
(れいろ こえなく けいかをうるおす)

今夜月明人盡く望む
(こんや げつめい ひとことごとくのぞむ)

知らず秋思の誰が家に在るかを
(しらず しゅうしの たがいえにあるかを)
意味(通釈) 今夜は中秋の名月である。中庭の地面は月明りで白く輝き、鴉は木にとまってねぐらについている。降りてくる霜は聲もなく静かで、木犀の花を湿らしている。今夜は誰もがこの明るい月を眺めていることであろう。どこかの家の人は、自分ほどにこの秋に感じるさみしい物思いにひたっていないだろう。
メモ