TOP > 詳細情報
印刷する

九月十三夜

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 九月十三夜
読み:くがつじゅうさんや
作者 上杉謙信(うえすぎけんしん)1530 〜 1578
特徴 七言絶句
時代 室町
漢詩 霜満軍營秋氣清
數行過雁月三更
越山併得能州景
遮莫家郷憶遠征
読み 霜は軍營に満ちて秋氣清し
(しもはぐんえいにみちて しゅうききよし)

數行の過雁月三更
(すうこうのかがん つきさんこう)

越山併せ得たり能州の景
(えつざんあわせえたり のうしゅうのけい)

遮莫家郷の遠征を憶うを
(さもあらばあれ かきょうの えんせいをおもうを)
意味(通釈)  我が陣営の周りに霧が満ち、秋の気がとても清らかである。列をなして飛んでいる雁の鳴き声が空に響きわたり、夜半の月も皓々としている。
 今夜は越後・越中の山々に併せて能登の山々が、とても雄大でいい眺めである。今は故郷の家族がわが身を案じていようがどうであろうと構わない。この眺めを心行くまで眺めていよう。
YouTube動画 演奏を見る
メモ