TOP > 詳細情報
印刷する

母を奉じて嵐山に遊ぶ

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 母を奉じて嵐山に遊ぶ
読み:ははをほうじてらんざんにあそぶ
作者 頼山陽(らいさんよう)1780 〜 1832
特徴 七言絶句
時代 江戸後期
漢詩 不到嵐山巳五年
萬株花木倍鮮妍
最忻阿母同衾枕
連夜香雲暖處眠
読み 嵐山に到らざること 巳に五年
(らんざんにいたらざること すでにごねん)

万株の花木 倍鮮妍
(ばんしゅのかぼくますますせんけん)

最も忻ぶ阿母と 衾枕を同にし
(もっともよろこぶははと きんちんをともにし)

連夜香雲 暖かき処に眠る
(れんやこううん あたたかきところにねむる)
意味(通釈) 山を五年もの間訪れていなかったが、いま来てみると、万株もの桜の木が花をつけて、ますますあでやかで美しい。何より嬉しいことは、毎晩、母と枕を並べ、この桜の花の香しい雲の中に包まれて眠ることが出来ることである。
メモ