TOP > 詳細情報
印刷する

泊天草洋(天草の洋に泊す)

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 泊天草洋(天草の洋に泊す)
読み:あまくさのなだにはくす
作者 頼山陽(らいさんよう)1780 〜 1832
特徴 古詩
時代 江戸後期
漢詩 雲耶山耶呉耶越
水天髣髴青一髪
萬里泊舟天草洋
煙横篷窗日漸没
瞥見大魚波間跳
太白當船明似月
読み 雲耶山耶呉耶越か
(くもか やまか ごかえつか)

水天髣髴青一髪
(すいてん ほうふつ せいいっぱつ)

萬里舟を泊す天草の洋
(ばんり ふねをはくす あまくさのなだ)

煙は篷窗に横たわって日漸く没す
(はむりは ほうそうによこたわって ひ ようやくぼっす)

瞥見す大魚の波間に跳るを
(べっけんす たいぎょの はかんにおどるを)

太白船に當たって月似りも明らかなり
(たいはく ふねにあたって つきよりもあきらかなり)
意味(通釈)  遠くに見えるのは、雲だろうか、山だろうか、それとも呉の地だろうか、越の地か。水平線との境に、髪の毛のような青い一筋が連なっているのがみえる。
 万里の彼方に広がる天草洋に舟を泊めて、夕もやが舟の小窓あたりにたなびいて、太陽はしだいに西の海に沈んでいく。
 一瞬、波間に大きな魚がびとび跳ねるのが見えた。空には、宵の明星の金星の光が舟にあたり、それは月の輝きのように明るかった。
メモ