TOP > 詳細情報
印刷する

易水送別

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 易水送別
読み:えきすいそうべつ
作者 駱賓王(らくひんのう)640 〜 684?
特徴 五言絶句
時代 初 唐
漢詩 此地別燕丹
壯士髪衝冠
昔時人已沒
今日水猶寒
読み 此の地 燕丹に別る
(このち えんたんにわかる)

壯士 髪冠を衝く
(そうし はつかんむりをつく)

昔時 人已に沒し
(せきじ ひとすでにぼっし)

今日 水猶寒し
(こんにち みずなおさむし)
意味(通釈)  この易水の地は、かつて燕の太子と別れたところである。燕の忠臣、荊軻(けいか)の髪はいきどおりで逆立ち、冠をつきあげんばかりであった。
 その当時の人々はすでに没してしまったが、今もなお易水の水は寒々と流れている。
メモ