TOP > 詳細情報
印刷する

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 菊花
読み:きっか
作者 白居易(はくきょい)772 〜 846
特徴 七言絶句
時代 中 唐
漢詩 一夜新霜著瓦輕
芭蕉新折敗荷傾
耐寒唯有東籬菊
金粟花開曉更清
読み 一夜新霜 瓦に著いて輕し
(いちやしんそう かわらについてかろし)

芭蕉は新たに折れて 敗荷は傾く
(ばしょうはあらたにおれて はいかはかたむく)

寒に耐うるは唯 東籬の菊のみ有って
(かんにたうるはただ とうりのきくのみあって)

金粟の花は開いて 曉更に清し
(きんぞくのはなはひらいて あかつきさらにきよし)
意味(通釈)  夜が明けると、初霜がうっすらと降りて瓦が白くなっている。この寒さに芭蕉は新たに折れて、破れた蓮の葉もさらに傾いてしまった。
 その中でも寒さに耐えているのは唯一、東の垣根の菊だけであり、その菊の花は美しく咲き、明け方の風景を一層清らかにしている。
メモ