TOP > 詳細情報
印刷する

春夜洛城聞笛(春夜聞笛、春夜洛城に笛を聞く)

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 春夜洛城聞笛(春夜聞笛、春夜洛城に笛を聞く)
読み:しゅんやらくじょうにふえをきく
作者 李白(りはく)701 〜 762
特徴 七言絶句
時代 盛 唐
漢詩 誰家玉笛暗飛聲
散入春風滿洛城
此夜曲中聞折柳
何人不起故園情
読み 誰が家の玉笛か 暗に聲を飛ばす
(たがいえのぎょくてきか あんにこえをとばす)

散じて春風に入りて 洛城に滿つ
(さんじてしゅんぷうにはいりて らくじょうにみつ)

此の夜 曲中 折柳を聞く
(このよ きょくちゅう せつりゅうをきく)

何人か起こさざらん 故園の情を
(なんびとがおこさざらん こえんのじょうを)
意味(通釈)  誰の家で吹く玉笛であろうか、暗闇の中から笛の音が聞こえてくる。その音は春の風にのり、洛陽の街中に広がるようである。
 この夜、聞こえてきた曲の中に折楊柳の曲があったが、これを聞いて故郷を偲ばない者はいないだろう。
メモ