TOP > 詳細情報
印刷する

金州城(金州城下作)

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 金州城(金州城下作)
読み:きんしゅうじょう
作者 乃木希典(のぎまれすけ)1849 〜 1912
特徴 七言絶句
時代 明 治
漢詩 山川草木轉荒涼
十里風腥新戰場
征馬不前人不語
金州城外立斜陽
読み 山川草木轉荒涼
(さんせんそうもく うたたこうりょう)

十里風腥し新戰場
(じゅうり かぜなまくざし しんせんじょう)

征馬前まず人語らず
(せいばすすまず ひとかたらず)

金州城外斜陽に立つ
(きんしゅう じょうがい しゃようにたつ)
意味(通釈)  山、川、草、木、すべてが戦いにより荒れ果ててしまい、見渡す限り風もまだ血なま臭い戦場である。
 軍馬は進もうとせず、兵士もみな押し黙っている。夕陽が傾く金州城外に呆然と立ち尽くしている。
メモ