TOP > 詳細情報
印刷する

十五夜望月(十五夜、月を望む)

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 十五夜望月(十五夜、月を望む)
読み:じゅうごや つきをのぞむ
作者 王建(おうけん)? 〜 830
特徴 七言絶句
時代 中 唐
漢詩 中庭地白樹栖鴉
冷露无声湿桂花
今夜月明人尽望
不知秋思落誰家
読み 中庭 地白うして 樹に鴉棲み
(ちゅうてい ちしろうして きにからすすみ)

冷露 声無く 桂花を湿す
(れいろ こえなく けいかをうるおす)

今夜月明 人尽く望むも
(こんやげつめい ひとことごとくのぞむ)

知らず 秋思 誰が家にか在る
(しらず しゅうし たがいえにかある)
意味(通釈)  中庭は、中秋の月明りで地面が白く光っており、樹には烏が棲みついていてねどこについている。冷たい露は声もなくひっそりと桂(もくせい)の花をうるおしている。
 今夜の月明りを人はみな眺めているだろうが、この深い思いにふけいっているのは、どこの家の誰であろうか。
メモ