TOP > 詳細情報
印刷する

登鸛鵲樓

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 登鸛鵲樓
読み:かんじゃくろうにのぼる
作者 王之渙(おうしかん)688 〜 742
特徴 五言絶句
時代 盛 唐
漢詩 白日依山盡
黄河入海流
欲窮千里目
更上一層樓
読み 白日 山に依って盡き
(はくじつ やまによってつき)

黄河 海に入って流る
(こうが うみにいってながる)

千里の目を 窮めんと欲して
(せんりのめを きわめんとほっして)

更に上る 一層の樓
(さらにのぼる いっそうのろう)
意味(通釈)  鸛鵲楼に登ると太陽が山々に沈み、眼下の黄河は海に向かって流れている。
 この雄大な眺めを千里の彼方まで見ようとして、さらに上へ登ってみる。
YouTube動画 演奏を見る
メモ