TOP > 詳細情報
印刷する

九月十日

詳細情報

※読み方は、各流派により異なる場合がございます。
題名 九月十日
読み:くがつとおか
作者 菅原道眞(ずがわらみちざね)845 〜 903
特徴 七言絶句
時代 平 安
漢詩 去年今夜待清涼
秋思詩篇獨斷腸
恩賜御衣今在此
捧持毎日拜餘香
読み 去年の今夜 清涼に待す
(きょねんのこんや せいりょうにじす)

秋思の詩篇 獨り斷腸
(しゅうしのしへん ひとりだんちょう)

恩賜の御衣 今此に在り
(おんしのぎょい いまここにあり)

捧持して毎日 餘香を拝す
(ほうじしてまいにち よこうをはいす)
意味(通釈)  去年の今夜は、清涼殿で陛下のお側近くにお使いしていた。その時「秋思」という詩題を賜り、詩を詠んだことを思い出すと、はらわたが引きちぎれそうだ。
 陛下から頂いた御衣は、今もここに持っております。毎日捧げ持って、その時の残り香を拝しております。
メモ