訣別
読み:けつべつ

by 詩吟 ONLINE


【作者】梅田雲濱(うめだうんぴん)1815 〜 1859
【特徴】七言絶句
【時代】江戸後期
【漢詩】
妻臥病牀兒叫飢
挺身直欲當戎夷
今朝死別與生別
唯有皇天后土知
 
【読み】
妻は病牀に臥し 兒は飢に叫ぶ
(つまはびょうしょうにふし じはうえにさけぶ)

挺身直ちに 戎夷に當たらんと欲す
(ていしんただちに じゅういにあたらんとほっす)

今朝の死別と生別と
(こんちょうのしべつとせいべつと)

唯皇天后土の 知る有り
(ただこうてんこうどの しるあり)
 
【意味】
妻は病に伏し、子は飢えで泣いている。私は身を投げ捨てて、えびす(西洋人)を打ち払おうと決めている。今朝の別れが死別となるか生別になるかは、ただ天地の神のみが知っておりそれで十分である。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/