烏夜啼
読み:うやてい

by 詩吟 ONLINE


【作者】李白(りはく)701 〜 762
【特徴】古詩
【時代】盛 唐
【漢詩】
黄雲城邊烏欲棲
歸飛唖唖枝上啼
機中織錦秦川女
碧紗如煙隔窗語
獨宿空房涙如雨
 
【読み】
黄雲城邊 烏棲まんと欲す
(こううんじょうへん からすすまんとほっす)

歸飛唖唖として 枝上に啼く
(きひああとして しじょうになく)

機中錦を織る 秦川の女
(きちゅうにしきをおる しんせんのじょ)

碧紗煙の如く 窗を隔てて語る
(へきさけむりのごとく まどをへだててかたる)

梭を停めて悵然 遠人を憶う
(おさをとどめてちょうぜん えんじんをおもう)

獨り空房に宿して 涙雨の如し
(ひとりくうぼうにしゅくして なんだあめのごとし)
 
【意味】
 黄昏の雲が漂い、城壁のそばでねぐらにつこうと帰ってきたカラスが枝の上でカァカァと啼いている。
 機織りをしている秦の女がいる。部屋の薄い青色のカーテンは淡い煙のように透けており、何か独り言を言っているのが見える。女は急に梭の手を止め、悲しげに遠くに行った夫のことを思い出し、ため息をつく。誰もいない部屋に臥し涙が雨のように流れた。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/