川中島(不識庵機山を撃つの図に題す)
読み:かわなかじま(ふしきあんきざんをうつのずにだいす)

by 詩吟 ONLINE


【作者】頼山陽(らいさんよう)1780 〜 1832
【特徴】七言絶句
【時代】江戸後期
【漢詩】
鞭聲粛粛夜過河
暁見千兵擁大牙
遺恨十年磨一劍
流星光底逸長蛇
 
【読み】
鞭聲肅肅夜河を過る
(べんせいしゅくしゅく よるかわをわたる)

曉に見る千兵の大牙を擁するを
(あかつきにみる せんぺいの たいがをようするを)

遺恨なり十年一劍を磨き
(いこんなり じゅうねん いっけんをみがき)

流星光底長蛇を逸す
(りゅうせいこうてい ちょうだをいっす)
 
【意味】
馬の鞭の音さえもたてないよう、上杉謙信軍は静かに夜に乗じて川を渡った。夜が明けると武田軍の目の前までに迫っていた。しかし長い年月で磨き上げた謙信の腕前もかいなく、流れ星のごとく一瞬の差で、信玄を打ち逃がしてしまった。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/