江南春(江南の春)
読み:こうなんのはる

by 詩吟 ONLINE


【作者】杜牧(とぼく)803 〜 852
【特徴】七言絶句
【時代】盛 唐
【漢詩】
千里鶯啼緑映紅
水村山郭酒旗風
南朝四百八十寺
多少楼台煙雨中
 
【読み】
千里鶯啼いて 緑紅に映ず
(せんりうぐいすないて みどりくれないにえいず)

水村山郭 酒旗の風
(すいそんさんかく しゅきのかぜ)

南朝 四百八十寺
(なんちょう しひゃくはっしんじ)

多少の楼台 煙雨の中
(たしょうのろうだい えんうのうち)
 
【意味】
 江南の春はあちらこちらで鴬が啼き、若葉の緑が紅色の花と映えている。川辺の村や山辺の里では、酒屋ののぼりが風になびいている。
 南朝時代には四百八十もの寺が立ち並んでいたが、今も多くの建物が春雨の煙る中にかすんでいる。

 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/