富士山
読み:ふじさん

by 詩吟 ONLINE


【作者】石川丈山(いしかわじょうざん)1583 〜 1672
【特徴】七言絶句
【時代】江戸初期
【漢詩】
仙客來遊雲外巓
神龍栖老洞中淵
雪如ガン素煙如柄
白扇倒懸東海天
(ガン=糸へんに丸)
 
【読み】
仙客來り遊ぶ雲外の巓
(せんかくきたりあそぶ うんがいのいただき)

神龍栖み老ゆ洞中の淵
(しんりゅう すみおゆ どうちゅうのふち)

雪はがん素の如く煙は柄の如し
(ゆきはがんそのごとく けむりはえのごとし)

白扇倒に懸かる東海の天
(はくせん さかしまにかかる とうかいのてん)
 
【意味】
雲の上に突き出した富士山の頂には、仙人が来て遊ぶという。洞窟の中の淵には、神龍が棲んでいるという。頂に積もった雪は扇の白絹さながらで、噴煙は扇の柄のようだ。まるで、東海の空に白い扇をさかさまにかけたようで、とても雄大だ。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/