春望
読み:しゅんぼう

by 詩吟 ONLINE


【作者】杜甫(とほ)712 〜 770
【特徴】五言律詩
【時代】盛 唐
【漢詩】
國破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別鳥驚心
烽火連三月
家書抵萬金
白頭掻更短
渾欲不勝簪
 
【読み】
國破れて 山河在り
(くにやぶれて さんがあり)

城春にして 草木深し
(しろはるにして そうもくふかし)

時に感じて 花にも涙を濺ぎ
(ときにかんじて はなにもなんだをそそぎ)

別れを恨んで 鳥にも心を驚かす
(わかれをうらんで とりにもこころをおどろかす)

峰火 三月に連なり
(ほうか さんげつにつらなり)

家書 萬金に抵る
(かしょ ばんきんにあたる)

白頭掻いて 更に短かし
(はくとうかいて さらにみじかし)

渾べて簪に 勝えざらんと欲す
(すべてしんに たえざらんとほっす)
 
【意味】
 都である長安は破壊されたが、山や河だけになってしまった。春が来て草木が生い茂っている。
 この時世を思うと花を見ても涙がでてくる。家族との別れの悲しみには、鳥の声を聞いても心が痛む。
 戦いは三カ月もの長期間にわたるため、滅多に来ない家族からの便りは万金に値するほど貴重である。
 心労のため白髪になった頭を掻けば更に薄くなり、冠を止めるかんざしが挿せないほどである。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/