山行
読み:さんこう

by 詩吟 ONLINE


【作者】杜牧(とぼく)803 〜 852
【特徴】七言絶句
【時代】晩 唐
【漢詩】
遠山寒山石徑斜
白雲生處有人家
停車坐愛楓林晩
霜葉紅於二月花
 
【読み】
遠く寒山に上れば石徑斜めなり
(とおくかんざんにのぼれば せっけいななめなり)

白雲生ずる處人家有り
(はくうんしょうずるところ じんかあり)

車を停めて坐に愛す楓林の晩
(くるまをとどめて そぞろにあいす ふうりんのばん)

霜葉は二月の花よりも紅なり
(そうようは にがつのはなよりも くれないなり)
 
【意味】
はるばると晩秋のものさびしい山を登ってゆく。石の多い山道が斜めにどこまでも続いている。白い雲が湧きあがっているあたりに人家が見える。車を停めてそのまま夕陽に照らされた楓の林の美しさにみとれてしまう。霧のため色づいた楓の葉は、二月に咲く桃の花よりもうつくしかった
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/