静夜思
読み:せいやし

by 詩吟 ONLINE


【作者】李白(りはく)701 〜 762
【特徴】五言絶句
【時代】盛 唐
【漢詩】
牀前看月光
疑是地上霜
擧頭望山月
低頭思故
 
【読み】
牀前 月光を看る
(しょうぜん げっこうをみる)

疑うらくは是 地上の霜かと
(うたごうらくはこれ ちじょうのしもかと)

頭を擧げて 山月を望み
(こうべをあげて さんげつをのぞみ)

頭を低れて 故を思う
(こうべをたれて こきょうをおもう)
 
【意味】
静かな夜に寝台の前に月の光が差し込み、明るく白く輝き、まるで一面に霜が降りたようだった。頭をあげてみれば、山の端にある月を見て、月の光だと知る。眺めているうちに故郷のことを思い出し、感慨にふけるのであった。
 
【メモ】

 

Copyright (C) 2018 詩吟 ONLINE. All Rights Reserved.
http://詩吟.net/